2019.3.23 10:22

ダンカン、イチロー現役引退試合「とんだ茶番、客寄せパンダ」を謝罪

ダンカン、イチロー現役引退試合「とんだ茶番、客寄せパンダ」を謝罪

ダンカン

ダンカン【拡大】

 大の阪神タイガースファンとして知られるお笑いタレント、ダンカン(60)が22日にブログを更新。21日のブログでイチロー現役引退試合を「客寄せパンダ」とつづったことを謝罪した。

 ダンカンは21日、ブログで「とんだ茶番のイチロー」と題し、イチローの引退試合の模様が映ったテレビ画面の写真とともに「なんだこのシラケ…最後が客寄せパンダって…くだらね~」と掲載。このコメントに対し反対意見が多く集まった。

 22日、ダンカンは「イチロー発言について」と見出しで、ブログを更新。「文面だけだとイチロー選手を批判しているように見えるし、ぞんざい過ぎたと書き方には反省しています」と謝罪し「イチロー選手の28年の現役生活や数々の記録や偉業には最大級の敬意を払っています」としたうえで「くだらね~」とつづった理由について説明した。

 ダンカンは「オレが腹立たしかったのはペナントレースをイチローの引退試合にしたMLBやその周辺になんです!」と切り出すと、1994年に巨人がセ・リーグ優勝を決めた10・8決戦などを例に挙げて、公式戦1試合の重要性を強調。

 「たかが1試合、されど1試合!野球ファンとして大切な試合にイチローのあの姿を見たくなかったし興行のために(?)イチローを利用しているとしかオレには映りませんでした。引退試合はオープン戦もしくはペナントレースの順位が決まった後のいわゆる消化試合にするべきです」と前日の自身のコメントに補足。「言葉が足らなかったことは申し訳ありませんでした。もし、イチローが今回不愉快に思ったなら先々何処で本人に謝罪します」と再度謝罪した。