2019.3.22 14:48

AKS取締役、山口の生ツイートに「見ているんだな」謝罪要求は否定

AKS取締役、山口の生ツイートに「見ているんだな」謝罪要求は否定

謝罪する(左から)NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、AKS運営責任者兼取締役の松村匠氏、NGT48劇場副支配人の岡田剛氏=新潟市中央区(撮影・池田証志)

謝罪する(左から)NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、AKS運営責任者兼取締役の松村匠氏、NGT48劇場副支配人の岡田剛氏=新潟市中央区(撮影・池田証志)【拡大】

 NGT48の山口真帆(23)の暴行被害事件を受け、第三者委員会を設置して原因を調査していた運営会社のAKSは22日、新潟市内で記者会見を行い、調査結果について改めて報告するとともに、騒動を謝罪した。

 会見には同社運営責任者兼取締役の松村匠氏、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、劇場副支配人の岡田剛氏が出席。

 山口が会見中にツイッターを更新し「記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました」「松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」「事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました」などと暴露した。

 報道陣の指摘で山口の“生”ツイートを知った松村氏は、「見ているんだなという風に感じました。ツイートをリアルタイムで書いているわけですから、事実でないことがあるなと実感しております」とコメント。山口への謝罪要求については、「要求はしておりません」と否定した上で、「(山口の)おっしゃる通りかもしれません。私どもとしては精いっぱい、コミュニケーションを取ってきたつもりだったんですけど、そういう指摘を受けるということは(コミュニケーションが)不足しているんだなと思います」と述べた。

 続けて「被害を受けたのは彼女ですし、このような事態を発生させてしまったということは大変申し訳ないという気持ちしかございません。今後のわれわれの体制をしっかり整えていくことを約束したいなと思っております」と山口にメッセージを送った。