2019.3.21 05:01

東京家裁で女性刺され死亡…離婚調停中、米国籍の夫を殺人容疑で逮捕

東京家裁で女性刺され死亡…離婚調停中、米国籍の夫を殺人容疑で逮捕

米国籍の男が確保された現場付近を調べる捜査員=東京都千代田区

米国籍の男が確保された現場付近を調べる捜査員=東京都千代田区【拡大】

 20日午後3時20分頃、東京都千代田区霞が関の東京家裁1階玄関付近で「女性が刺された」と110番があった。ウィルソン香子さん(31)=埼玉県所沢市=が、別居中の夫で職業不詳、米国籍の男(32)に刃物で首を刺され、搬送先の病院で死亡した。丸の内署員が殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。

 警視庁は容疑を殺人に切り替え、当時の状況や動機、刑事責任能力の有無を調べる。男は折りたたみ式ナイフを3本所持。リュックからガソリンのような液体入りのペットボトルが見つかった。両手首に自ら切ったとみられる傷があり治療のため釈放、入院した。

 女性は日本人で、午後3時半からの離婚調停に出るため家裁を訪れた。男は手荷物検査場所の手前にあるベンチに座り、女性の姿を見て襲い掛かったという。