2019.3.21 16:12

山本譲二が新装ハマスタで熱唱 「興奮さめやらない」

山本譲二が新装ハマスタで熱唱 「興奮さめやらない」

大洋ホエールズ復刻ユニフォームで「みちのくひとり旅」を熱唱する山本譲二=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

大洋ホエールズ復刻ユニフォームで「みちのくひとり旅」を熱唱する山本譲二=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 21日に『マルハニチロ Presents 70th ANNIVERSARY GAME』として行われたプロ野球オープン戦、DeNA-日本ハム(横浜)の試合前イベントに、スペシャルゲストとして歌手・山本譲二が登場した。

 球団創設の地、山口・下関市出身の山本は、選手たちがこの日の試合で着用したものと同じ「大洋ホエールズ復刻ユニホーム(1950)」を着用し、グラウンドへ。「きょうはベイスターズのために歌います」と宣言し、大ヒット曲「みちのくひとり旅」を熱く歌い上げた。

 山本は「興奮さめやらぬ状態です。選手の皆さんが大洋ホエールズの復刻ユニホームを着ているのを見て、父と下関球場で見た景色を思い出し、感動しました」とコメント。「これだけたくさんのファンに応援してもらっているので、精いっぱい悔いのない試合をやっていただきたいです。そして、ペナントレース終了時にはぜひ“優勝”の2文字を背負ってパ・リーグと戦ってもらいたいと思います」とエールを送った。

 同イベントは3月10日に山口・下関市で予定されていたが雨天中止となり、この日に行われた。