2019.3.21 15:01

ピエール瀧容疑者出演映画公開に各局ワイドショーは?

ピエール瀧容疑者出演映画公開に各局ワイドショーは?

ピエール瀧容疑者の主な仕事

ピエール瀧容疑者の主な仕事【拡大】

 テクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧容疑者(51)が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受けて20日、出演映画「麻雀放浪記2020」を配給する東映の多田憲之社長(69)が東京・銀座の同社で会見し、同作を編集せずに予定通り4月5日に公開すると発表。「罪を犯した1人の出演者のために、すでに完成した作品を公開しないという選択は取らない。劇場上映は有料で、観賞の意思を持ったお客さまが来場するメディア。テレビやCMとは性質が違う」と説明した。

 冠番組の打ち切りなど自粛ムードが漂う中での決断に、各局のワイドショーでは様々な声が上がった。

 フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)でMCのタレント、坂上忍(51)は、「今までは公開中止ってしておいて、なんか時期を見て(公開)できないかなっていうのが主流だった中、どっちかというとチキンレース状態でみんな心の中では思っていたと思うのよ。『上映したっていいじゃん』って。でも『どこがはじめにそれを切り出す?』っていうのが心の中にあった中で、この判断っていうのは、そういった意味では勇気あったなって思う」と東映の決断を評価した。

 同局系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)でメインMCを務めるフリーアナウンサー、小倉智昭(71)は、「東映の社長さんはテレビなどと違って映画はお金を払って見るものだからと強調していましたけど、そういうことに対して僕なんかはちょっと違うだろうと思っちゃうんですよね」と首をひねり、「NHKの大河ドラマなどでも、今はオンデマンドでもう一度見られるわけじゃないですか、お金を払って見れば」と指摘。また「そういうものに関してもその部分をカットする必要があるのかって(思う)。その部分をカットしてストーリーがつながるんだったら、最初からいらないだろうと思っちゃう」と語った。

 日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)のMCでお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(49)は、「映画公開、僕は全然オッケーだと思いますけどね」と支持。同時に「海外で犯罪を犯したミュージシャンの曲とか普通にCMとかで使われてますよ。その辺ってどうなってんのって。外国のミュージシャンは、外国で捕まった(人の)曲は使っていいの?世界的に売れてるからって。これはおかしな話だと思う」と指摘した。

 ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏(56)は、「これがきっかけになって続々と今まで自粛されていたものが、例えばNHKの大河も含め、そのまま出しちゃおうと、断り書きをつけて出しちゃおうと、そういう流れになればいい」と期待した。

  • 「麻雀放浪記2020」に出演するピエール瀧容疑者が逮捕され、公開に向けての協議結果を発表する(左から)東映の多田憲之社長、白石和彌監督=20日午前、東京都中央区(撮影・萩原悠久人)