2019.3.21 16:00(1/2ページ)

新型プジョー・508が登場! 最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用

新型プジョー・508が登場! 最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用

新型プジョー・508が登場! 最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用

新型プジョー・508が登場! 最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用【拡大】

 フランス車は独特なデザインと乗り味は魅力的だが、運転支援システムが物足りない…。従来はそんな声が多く聞かれましたが、そんな声を吹き飛ばすモデルが、2019年3月20日に発表された新型プジョー508です。

 発表会には日本法人の社長をはじめ、フランスからプジョーブランドのジャン=フィリップ・アンパラトCEOが駆けつけるなど、並々ならぬ意気込みを感じました。

 2011年に日本市場に導入された初代508は、従来ラインアップされていたセダンとSWと呼ばれるステーションワゴンを設定していた407とフラッグシップセダンの607を統合したモデルで、セダンの508と508SWの2つのボディタイプを用意していました。

 新型プジョー508も初代を受け継ぎ、まず508が登場。そして今年の秋に508SWが導入予定となっています。新型508は先代の4ドアセダンの3BOXスタイルから流麗なファストバックスタイルへとデザインが変更されています。そしてスタイリングだけでなく、インテリア、先進運転支援システム、乗り心地とすべて一新しているのが特徴です。

 まずエクステリアデザイン。フロントエンドが非常に個性的で、切り立ったフロントグリルとフルLEDヘッドライトで構成されています。さらにバンパーとスポイラーを垂直に通るLEDデイタイムライニングライトとの相乗効果により、シャープな表情が特徴です。またボンネットに504、504クーペをインスパイアして、508のモデル名が配置されています。

 そして大きく変更されファストバックとなったリアスタイルは、プジョーのシグネチャーであるライオンの三本の爪痕をモチーフとしたフルLEDのテールライトを採用。ラゲージスペースも5人乗車時で487L、リアシートをすべて倒せば先代より156L多い1537Lまで拡大し、ファストバックのメリットを活かしています。

【続きを読む】

  • 新型プジョー・508が登場!最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用
  • 新型プジョー・508が登場!最新のデザインとネコ足、そして運転支援システムを採用