2019.3.21 11:00(1/2ページ)

【自動車用語辞典:エンジン「概説」】エンジンを構成する基本技術を確認しよう

【自動車用語辞典:エンジン「概説」】

エンジンを構成する基本技術を確認しよう

 ■エンジンはクルマの動力源かつ心臓部

 ●はじめにエンジンの基本構成と技術を理解しよう

 エンジンは、クルマの動力源であり、クルマの心臓部です。いろいろなタイプのクルマがあるように、それに合わせて多種多様なエンジンがあります。

 出力と燃費を向上させ、有害な排出ガスを低減させる最新技術を理解するために、まずはエンジンの基本構成と技術について、解説していきます。

 ●4ストロークエンジンとは?

 自動車用エンジンは、すべてが4ストロークのレシプロ(往復ピストン)エンジンです。かつては、マツダが採用したロータリーエンジン(別頁で解説)がありましたが、現在は生産していません。

 エンジンは燃焼行程で燃料を燃焼(爆発)させてピストンを押し下げ、そのエネルギーをエンジンの回転力として取り出します。燃料の持つ化学的エネルギーを機械的エネルギーに変換する装置です。

 ガソリンエンジンでは、まず吸気行程で燃料と空気の混合気をシリンダーに吸入し、圧縮行程で吸入した混合気をピストンで圧縮します。次の燃焼行程で圧縮した混合気に点火プラグで点火して燃焼させ、最後の排気行程で燃焼ガスをシリンダーから排出する、といった一連の行程を繰り返します。

 ディーゼルエンジンでは、空気のみを圧縮して高温になった圧縮空気中に、軽油を噴射し、蒸発した軽油が自着火して燃焼します。

【続きを読む】