2019.3.20 16:41

和牛受精卵の流出元逮捕 徳島の牧場経営70歳男、輸出疑い

和牛受精卵の流出元逮捕 徳島の牧場経営70歳男、輸出疑い

 和牛の受精卵と精液が中国に不正に持ち出された事件で、大阪府警は20日、家畜伝染病予防法違反などの疑いで、受精卵などの流出元とされる徳島吉野川市、牧場経営の男(70)を新たに逮捕した。

 逮捕容疑は飲食店経営容疑者(51)=大阪府藤井寺市=らと共謀し、昨年6月29日、家畜防疫官の輸出検査を受けずに、和牛の受精卵と精液入りストロー計365本を凍結保存容器に入れて大阪市住之江区の港に停泊する中国行きのフェリーに積み込み、不正に輸出した疑い。

 府警は今月9日、容疑者と運搬役とされる容疑者(64)を逮捕していた。