2019.3.20 12:45

長崎で桜開花、全国トップ 平年より4日早く

長崎で桜開花、全国トップ 平年より4日早く

長崎市内で開花したソメイヨシノ=20日午後

長崎市内で開花したソメイヨシノ=20日午後【拡大】

 長崎地方気象台は20日、長崎市内で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より4日早く、昨年より3日遅い。満開までは1週間から10日ほどかかる見込み。気象庁によると、全国で最も早い開花。

 気象台によると、午前10時ごろ、敷地内にある標本木の花が、5輪咲いているのを確認した。長崎市の平均気温は2月下旬が2・1度、3月上旬が1・8度平年より高かった。「平年より高い気温が続いたことが、全国最速の開花につながったのではないか」としている。

 20日の日本列島は高気圧に覆われて晴れ、各地で気温が上がった。午前中に茨城県常陸大宮市と東京都江戸川区でそれぞれ今年最高となる19・4度、19・1度を記録。三重県亀山市で20・6度、福岡市で18・5度、長崎市で15・4度を観測するなど汗ばむ陽気となった。