2019.3.19 05:03

内田裕也さん死去、音楽仲間も悲しみ…永ちゃん「もっと生きてほしかった」

内田裕也さん死去、音楽仲間も悲しみ…永ちゃん「もっと生きてほしかった」

ミッキー・カーチス

ミッキー・カーチス【拡大】

 ロック界の大御所の訃報が駆け巡った18日、音楽界は悲しみに暮れた。

 キャロルの駆け出し時代から尊敬してきた大先輩の死にロック歌手、矢沢永吉(69)は「裕也さんがいなくなるってさみしいですね。じいさんになっても、よぼよぼになっても、もっと生きて欲しかったです」と喪失感を吐露した。

 1950年代、ロカビリー全盛期を裕也さんと盛り上げたミッキー・カーチス(80)は、「裕也とはあんまり発表できない思い出ばっかりなので言わないでおくけど」と“やんちゃ仲間”だったことを明かし、「世間では俺と裕也が対立してると思われているけど実は意外と仲がよかった」と告白。続けて「ロックコンサートもよくこれだけ長く続けてこられたな。ロックンロールお疲れさん」と盟友を思いやった。

 裕也さんの年越しフェスに出演していた歌手で俳優、萩原健一(68)も「近々、企画書をもって裕也さんと共演することを楽しみにしていましたが、奥様のご不幸があり、タイミングを逃しました」と無念をにじませた。

 交流のあったシンガー・ソングライター、泉谷しげる(70)もブログで「ヘタに安心してると、夜中デンワで『テメェこの野郎』って怒られる(笑)。なンともいえない男の色気があり、そして可愛いのだ。冥福を…は違うらしい お悔やみを…もなぁ やはり『テメェこの野郎』かな お元気で」(原文ママ)と裕也節で別れを告げた。

ギタリスト、布袋寅泰(57)「昨年のツアー東京公演にご無理を言って来場していただきました。御体調優れず途中退場なさったものの『とても楽しかった』とスタッフの方から伝言頂き、本当に嬉しかったです。ロックンロールとは『頑張ろうぜ!』の合言葉。僕も死ぬまでロックンロールします」

ザ・ロッカーズのボーカルとしても知られる俳優、陣内孝則(60)「私にとっては恩人です。ロックってのは生き方だと体現した人。媚びないブレないすぐ怒る、そんな人でした。よく裕也さんの事を歌が上手くないとかヒット曲がないとか批判する人もいましたが、あんなにセンスの良い色気のあるカッコイイ人を私は知りません」

楽曲「シェキナベイベー」でデュエットしたHKT48・指原莉乃(26)「CDをご一緒した際には、たくさんのことを教えていただきました。コンサートも出演してくださって盛り上げていただいたことを思い出します。異色なコラボレーションではありましたが、楽しい思い出ばかりです」

ロックバンド、ブルージーン・バップスでともに活動した作曲家、中村泰士氏(79)「同じ時代にロックンロール魂を青春として、私の中にも内田裕也さんと同じロックンローラーの血が流れています。悲報を知り、戦友を亡くした感があり、とても寂しい思いがします」

  • 萩原健一
  • 内田裕也さんの主な楽曲
  • 内田裕也さんの主な出演映画