2019.3.19 05:02

崔洋一氏、内田裕也さんの自宅を訪問「私の最大の恩人」

崔洋一氏、内田裕也さんの自宅を訪問「私の最大の恩人」

内田裕也さんについて囲み取材に応じる崔洋一監督

内田裕也さんについて囲み取材に応じる崔洋一監督【拡大】

 ロック歌手で俳優、内田裕也(うちだ・ゆうや、本名・雄也)さんが17日午前5時33分、肺炎のため東京都内の病院で死去したことが18日、所属事務所から発表された。

 裕也さんと40年来の親交がある映画監督、崔洋一氏(69)が18日、東京都内にある故人の自宅を訪問し、報道陣に対応した。崔監督は1983年の監督デビュー作「十階のモスキート」で内田さんと共同で脚本を執筆。「私にとって最大の恩人。彼の全人生は彼そのもの」と涙を浮かべてしのんだ。この日は裕也さんの自宅と本木・也哉子夫妻の自宅には合わせて約40人の報道陣が集結した。午後には也哉子と長男の雅樂が裕也さん宅を訪問。同3時20分すぎに遺体を納める棺が運び込まれるなど葬儀の準備が進められていた。