2019.3.18 05:00

厚木南-伊勢原、新東名4キロが渋滞緩和へ開通

厚木南-伊勢原、新東名4キロが渋滞緩和へ開通

 新東名高速道路の厚木南インターチェンジ(神奈川県厚木市)-伊勢原ジャンクション(JCT、同県伊勢原市)の4キロが17日午後、開通した。

 東名上り線では渋滞が大和トンネル(同県大和市)から伊勢原JCT付近まで延びることがあるが、今回の開通で通行が分散され、渋滞の緩和が期待される。

 また、新名神高速道路の新四日市JCT(三重県四日市市)-亀山西JCT(同県亀山市)間約23キロも同日午後開通。並行する東名阪自動車道の慢性的な渋滞がほぼ解消する見込みで、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは開通による経済波及効果を年間約1550億円と試算している。