2019.3.18 05:04(1/2ページ)

ピエール瀧容疑者、コカイン「ストレス解消のため」 CD回収撤回求める署名3万人突破

ピエール瀧容疑者、コカイン「ストレス解消のため」 CD回収撤回求める署名3万人突破

送検されるピエール瀧容疑者

送検されるピエール瀧容疑者【拡大】

 コカインを摂取したとして12日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が「ストレス解消のために使った」と供述していることが17日、分かった。関東信越厚生局麻薬取締部は動機や使用時期を詳しく調べている。一方、電気グルーヴのCDや楽曲の出荷や配信停止が決まったことに対し、方針撤回を求める署名活動がネット上で行われ、この日の午後10時時点で賛同者は3万人を突破した。

 衝撃の逮捕から5日。自身の罪の大きさを受け止めているのか、瀧容疑者が新事実を明かした。

 捜査関係者によると、コカインを使用した動機について、「ストレス解消のために使った」と供述していることが判明。

 これまでの調べに対し、「20代の頃からコカインや大麻を使い始めた」「やめていた時期もあった」などと話しており、家宅捜索した東京・世田谷区内の自宅からは薬物吸引の際に使うとみられる細く丸められた紙幣や数十枚のたばこの巻紙が押収されている。

 麻薬取締部は、容疑者が巻紙を乾燥大麻の吸引に使っていた可能性もあるとみており、入手経路や動機、使用時期について詳しく調べている。

 一方でテレビや映画など拡大する余波に対し、ファンが動き出した。瀧容疑者の逮捕を受け、13日に所属レコード会社、ソニー・ミュージックレーベルズが電気グルーヴのCDや楽曲の出荷・配信停止、店頭在庫の回収を決めたことに対し、社会学者らが発起人となって署名支援サイト「change.org」で方針の撤回を求める署名活動を実施。15日午前11時頃に開始された活動に、17日午後10時時点で3万人以上が賛同した。

【続きを読む】