2019.3.18 16:04

梅宮アンナ、ネットの中傷が原因で仕事失い怒り「馬鹿馬鹿しくなっちゃったよ」

梅宮アンナ、ネットの中傷が原因で仕事失い怒り「馬鹿馬鹿しくなっちゃったよ」

梅宮アンナ

梅宮アンナ【拡大】

 タレント、梅宮アンナ(46)が18日、インスタグラムを更新。ネット上の誹謗中傷やフェイクニュースが原因で自身の仕事がキャンセルされたことを明かし、落胆の気持ちをあらわにした。

 梅宮は「今日は、皆さんに聞いてもらいたい事があります。ネットの誹謗中傷の怖い話と、それに踊らされる人の話」と書き出し、「私はとかくネットで言われがちな人です。これは、公人なら仕方のない事」とした上で、「ネットの悪口は、人を傷つけます。やられた人にはわかるよね。何故それが放置されているのか?私には理解できない」と憤りを隠さず、「書かれた方は、たまったもんじゃないんですよ!! ネットの悪い書き込みも言論の自由で通してよいのだろいか?(原文ママ)」と疑問を投げかけた。

 その上で「実はこの数年、私はこれをサイバーテロって呼んでます。ネットの書き込みにより、仕事を失う事が起きるのです」と告白。娘の体調についての投稿が炎上したといい、それらの書き込みについて「後から知って読んだけど酷い言葉のオンパレードでした。完璧に書き込みは、観点からズレているものしかありませんでした」と指弾。「悪口書く人の共通点は、何事も経験値が低い事。経験が豊富な人はいちいち騒がないからね」「あなたの短いへんてこりんな物差しで、私を当てはめないで! って」と怒りをあらわにした。

 さらに梅宮は「ネットの悪い記事を気にして、テレビのロケが、なくなったの。ネットの言葉を優先してしまうテレビ局なんだよね。なんか困っちゃう時代ですね。フェイクニュースなのに。仕事をキャンセルされちゃうんだよ」と明かし、「くだらないネットの誹謗中傷を気にしちゃったわけ。情けないですよ。私がね、子供を虐待とかして、警察に捕まったら、テレビキャンセルされるのなら、わかるよ。私が有罪とかさ。私、何にも悪いことしていないのに。これってないよ」と理不尽さに嘆息。「久々に落胆したよ。芸能界に入って、落胆に慣れろ! って教わってきたんだけど、なんか、馬鹿馬鹿しくなっちゃったよ。本当」とやりきれなさをつづった。