2019.3.17 18:50

マイケル・ジャクソンの娘パリスが2度目の自殺未遂 米TMZ伝える

マイケル・ジャクソンの娘パリスが2度目の自殺未遂 米TMZ伝える

 米TMZ電子版は16日(日本時間17日)、故マイケル・ジャクソンさんの一人娘であるパリス・ジャクソン(20)がこの日、自殺未遂を図って病院に搬送されたと伝えた。パリスはすでに退院して自宅に戻っており、現在容体は安定しているという。

 同サイトは「自殺を試みたパリス・ジャクソンが退院」との見出しを打って、「土曜日、パリスは自殺を試みて入院した」と報じた。警察関係者によると、パリスはこの日午前7時半頃、ロサンゼルス市内の自宅で自ら手首を切り刻みその後、すぐに警察と救急隊員が駆けつけ、病院に搬送されたという。

 関係者の情報によると、パリスの今回の自殺未遂の原因は、父・ジャクソンさんに関するドキュメンタリー番組「Leaving Neverland」で、2人の男性がジャクソンさんに性的虐待を受けたとして訴えたことに対してのものだという。TMZは「パリスは2009年の父の死以来、つらい時間を過ごしている。13年にも自殺未遂を起こして、過去にうつ病に苦しんでいたことを明かしていた」と伝えた。