2019.3.17 17:04

デヴィ夫人が「もちろん年収1億円の男性」と即答した理由とは

デヴィ夫人が「もちろん年収1億円の男性」と即答した理由とは

 タレント、デヴィ夫人(79)が17日、京セラドーム大阪で行われた日本最大級のファッションイベント「KANSAI COLLECTION 2019 SPRING&SUMMER」に出演した。

 映画「タイタニック」の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」をBGMにして登場し、男性ダンサーと社交ダンスを披露。ときにはリフトされ、ターンする大技に会場は沸いた。

 2月に出版した著書「選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論」が若い女性を中心に大ヒット中。ステージ上では「みなさん、ごきげんよう」とあいさつすると、タレントでモデルの谷まりあ(23)から質問攻めにあった。

 「大好きな年収200万円の男と好きでもない年収1億円の男、どちらと結婚すべき?」との質問には「もちろん年収1億円の男性」と即答。「愛があれば十分というのは、江戸や明治の物資が豊かでない話。今のこの時代で200万円だと、だんだん尊敬と愛も消えてしまう。1億円ならみなさんにうらやましがられるような生活ができるし、尊敬も信頼も愛も生まれる。結婚は永久の就職ですから、1億円の方がいい」と理由を説明した。

 次に「付き合って2カ月で結婚は決まる?」との質問にも「長く付き合うと飽きがきますし、新鮮でなくなる。私が(インドネシアの故スカルノ)大統領と結婚したときは2週間で求婚されました。男性の心は2カ月でつかまなきゃダメです」と持論を展開した。

 その後のランウェイでは、ピンクを基調としたコーディネートで登場。オフショルダーを身にまとい、投げキスも決めた。

 ステージ上では元NMB48の渡辺美優紀(25)が関コレ初MCを務めた。「今までライブのステージやモデルとして出演させていただいたことはあったんですけど、こうしてMCは初めてなので、がんばって盛り上げたい」と意気込みを語った。

 また、出演予定だったカリスマホストのROLAND(26)が急遽(きゅうきょ)出演をキャンセル。自身のツイッターで「関コレ出たかったなぁ…。2週間前から事務所スタッフに関コレサイドと契約の条件が合わずに出演出来ないって説明されてたけど、なーんか納得行かないなー。それぞれ大人の事情あるのかもしれないけどファンに会えないの本当悲しいからその辺だけはしっかりやって欲しい限りだよ」と無念の気持ちをつづった。