2019.3.17 05:05(1/2ページ)

たけし、ピエール瀧容疑者は「やけに落ち着いていた」アウトレイジで“違和感”

たけし、ピエール瀧容疑者は「やけに落ち着いていた」アウトレイジで“違和感”

特集:
ビートたけし
薬物事件で逮捕され、たけしら共演者、スタッフに多大な迷惑をかけている瀧容疑者

薬物事件で逮捕され、たけしら共演者、スタッフに多大な迷惑をかけている瀧容疑者【拡大】

 タレント、ビートたけし(72)が16日夜、TBS系情報番組に出演し、コカインを摂取したとして12日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)について言及した。瀧容疑者とはNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜後8・0)で共演しており、現場の混乱ぶりを説明。自身の監督作品に出演した際は、「やけに落ち着いていた」と振り返った。

 薬物事件の“被害者”が、瀧容疑者について語った。

 「『どうも、ピエール瀧です』って言ったの。そしたら全員引いちゃってさ」

 たけしはこの日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に生出演。冒頭、薬物事件に触れ、14日に「いだてん-」のロケ地でブラックジョークを炸裂させるも、全くウケなかったことを嘆いた。

 同作には伝説の落語家、古今亭志ん生役で出演中で、「ディレクターなんかドス黒い顔して疲れ果てちゃって、『やめてください、冗談は』と。プロデューサーも徹夜でドロみたいな顔をしていて、いかに編集が大変か。鬼のような顔をしていた」と現場の苦労を明かした。

 この日再放送された同作の第10話は、主人公・金栗四三(中村勘九郎、37)から瀧容疑者演じる足袋店の主人のもとに足袋発注の電報が届く約1分のシーンが全てカットされた。同シーンで容疑者と唯一絡んでいた人力車夫役の峯田和伸(41)も登場せず。タイトルバックからも瀧容疑者と峯田の名が削除された。容疑者の代役は後日発表される予定で、同局は編集作業など対応に追われている。

【続きを読む】