2019.3.17 05:02

高田文夫『ラジオビバリー昼ズ』30年続いたのは「私のおかげ!」

高田文夫『ラジオビバリー昼ズ』30年続いたのは「私のおかげ!」

「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント

「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント【拡大】

 放送作家でタレント、高田文夫(70)がパーソナリティーを務めるニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)の30周年イベントが16日、東京・有楽町のよみうりホールで開催された。

 ステージに登場した高田は芸能人と薬物という“放送禁止”寸前のネタで笑いを誘い、「番組が30年続いたのはひとえに私のおかげ」とドヤ顔。

 その後、金曜レギュラーのタレント、松村邦洋(51)がものまね漫談、水曜レギュラーの落語家、春風亭昇太(59)が落語を披露。月曜レギュラーのタレント、松本明子(52)が1989年にリリースした高田作詞の「この恋いけませんか」をアイドル衣装で歌って盛り上げた。

 高田は「40年、50年と続けていきたい」と1000人のファンに笑顔で再会を呼びかけた。

  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント、出演者集合
  • 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」30周年イベント、出演者集合