2019.3.17 09:50(1/2ページ)

コネクテッドカー時代の安全なマイコンをサイプレスが発表/週刊クルマのミライ

コネクテッドカー時代の安全なマイコンをサイプレスが発表/週刊クルマのミライ

コネクテッドカー時代の安全なマイコンをサイプレスが発表/週刊クルマのミライ

コネクテッドカー時代の安全なマイコンをサイプレスが発表/週刊クルマのミライ【拡大】

 【CASE時代のマイコンに求められる機能に対応した新チップ】

 フラッシュメモリやマイコンなど車載用のエレクトロニクスで知られるサイプレス セミコンダクタ社(以下、サイプレス)から新しい車載用マイコン・シリーズ「Traveo II(トラベオ・ツー)」が登場します。2019年第四四半期の量産開始を前に、サンプル出荷が始まったということで、その説明会が開かれました。

 サイプレスは車載向け組み込みシステムのリーディングカンパニーで、同社のマイコン「トラベオ」シリーズは、メーターやインフォメーションディスプレイの制御においてトップシェアを誇っていることで知られています。そのマイコンが「トラベオ・ツー」に進化するというわけです。

 その進化は、「CASE」と呼ばれる自動車業界の大きなトレンドに合わせたものです。CASEとはコネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化を示した造語ですが、このマーケット・トレンドがマイコンに求めるのは、まず安全性と性能アップ、そして省電力化です。

 コネクテッドカーは外部とつながりますが、逆にいえば侵入する経路が増えることになります。そうした部分でのセキュリティ性能は重要です。一方で、クルマの機能もスマートフォンやパソコンのように通信を利用してアップデート(セキュリティパッチのインストール)やアップグレード(機能の追加)ができるようにしておくことも新たなニーズとして生まれています。

【続きを読む】

  • コネクテッドカー時代の安全なマイコンをサイプレスが発表/週刊クルマのミライ