2019.3.16 20:39

「沖縄への差別やめろ」市民グループが官邸前でも反対集会

「沖縄への差別やめろ」市民グループが官邸前でも反対集会

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する市民グループなどが16日、首相官邸前で集会を開き、1000人を超える人たちが「沖縄に基地負担を集中させる差別をやめろ」「県民投票の結果を黙殺するな」と声を上げた。

 集会は同日に那覇市で開かれた県民大会に合わせて実施。「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)もマイクを握り、2月の県民投票後も辺野古沿岸部の埋め立てが止まっていないとして「沖縄への侮辱をまだ続けるのか。沖縄だけでなく日本全体の問題だ」と訴えた。

 会員制交流サイト(SNS)で集会を知り参加した横浜市旭区のパート従業員の栗林史子さん(55)は「沖縄の人たちが納得していないのに、誠実に向き合おうとしない国の態度は許せない」と話した。