2019.3.16 17:38

韓国原発が運転停止、放射性物質漏えいなし

韓国原発が運転停止、放射性物質漏えいなし

 韓国の聯合ニュースによると、南西部の全羅南道・霊光にあるハンビッ原子力発電所5号機が15日に停止した。運営する韓国水力原子力は、変圧器に異常があり、タービン発電機が自動停止したが、原子炉は安定した状態を維持しており、放射性物質の漏えいもなかったとしている。

 今後、原因調査や施設の点検を行い、再稼働する予定という。5号機は2002年に商業運転を開始。昨年9~11月に定期整備を行った。(共同)