2019.3.16 11:59

元米職員が中国に情報提供 司法省「スパイ認める」

元米職員が中国に情報提供 司法省「スパイ認める」

 米司法省は15日、米国防総省傘下の国防情報局(DIA)の元職員が中国の情報機関に軍事情報を提供していたと発表した。元職員はスパイ行為を認めており、司法取引に応じ禁錮15年の判決が9月に言い渡される見通しという。

 元職員はユタ州在住のロン・ハンセン被告(58)。米陸軍を退役後、情報活動を担う職員として2006年からDIAで勤務し、機密情報を扱う権限を持っていた。14年から中国の情報機関員と定期的に接触。さまざまな会合で集めた情報を含めて提供し、対価として数十万ドル(数千万円)を受け取っていた。(共同)