2019.3.16 16:52

中華料理人、金萬福氏がテリー伊藤にクレーム ガソリンで「火を吹かされた」

中華料理人、金萬福氏がテリー伊藤にクレーム ガソリンで「火を吹かされた」

金萬福氏

金萬福氏【拡大】

 1990年代に人気を博した料理人、金萬福氏(64)が15日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・0)に出演。最高年収5000万円超を誇った当時から激変した現在を語った。

 金氏は1992年、演出家でタレントのテリー伊藤(69)が手がけた「浅草橋ヤング洋品店」に炎の料理人として出演。カタコトの日本語とハイテンションで大ブレークすると、93年にはテリーとともに中華料理店をオープン。月商3800万円を荒稼ぎし、ピーク時の年収は5000万円を超えていたという。

 そんな金氏だが、現在は宇都宮市内の中華料理店で総料理長をしながら6畳一間のアパートで貧乏暮らし。来日以来、31年間ひとり暮らしで、家族に仕送りを続けているという。

 苦しい生活を明かした金氏だが、テリーのことが話題に上るとテンションが一変。「テリーさん、恐かったよあの人~」と切りだすと、「ガソリンを口の中に入れて火を吹かされた」と明かし、「僕、料理つくるためにきた。おかしいよ~」とクレームを付けた。