2019.3.16 11:45

徳光和夫「薬物だけは絶対にご法度」 ピエール瀧容疑者逮捕で芸能プロ社長の言葉を紹介

徳光和夫「薬物だけは絶対にご法度」 ピエール瀧容疑者逮捕で芸能プロ社長の言葉を紹介

徳光和夫

徳光和夫【拡大】

 フリーアナウンサー、徳光和夫(78)が16日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・0)に生出演。テクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が麻薬取締法違反(施用)の疑いで逮捕されたことについてコメントした。

 瀧容疑者とは「そんなに会ったわけではない」と前置きした上で、「1、2度会っただけで『この人とはまた何かの機会でゆっくり話してみたいな』と思わせるような大変魅力のある人物」と印象を語り、「こういう事件とは程遠い人だと思っていただけに、何なんだろうな、分かんないね、これはね」と残念がった。

 さらにある大手プロダクションの社長の話として、「芸能人はわがままでいいんだと、ただし薬物だけは絶対にご法度である。だから、自分のところのタレントにはこのことを口酸っぱく言っているって言っていましたけどね、やっぱりその通りなんだよね」と語り、「ご自身の体にもよくないし、それから当然のことながら暴力団の資金源にもなるわけでありますから、そういうことも考えてもらいたい」と訴えていた。