2019.3.16 10:10

JR西、新快速に有料座席導入 おおさか東線は全線開業

JR西、新快速に有料座席導入 おおさか東線は全線開業

全線開通したおおさか東線の車両(手前)を撮影しようと、JR新大阪駅には多くの鉄道ファンが駆けつけた=大阪市淀川区(撮影・恵守乾)

全線開通したおおさか東線の車両(手前)を撮影しようと、JR新大阪駅には多くの鉄道ファンが駆けつけた=大阪市淀川区(撮影・恵守乾)【拡大】

 JR西日本は16日、東海道線・山陽線(野洲-姫路、網干間)で新快速の一部に有料座席「Aシート」を導入した。前の座席との間隔が広く、座席にはテーブルやリクライニング機能、コンセントを完備。快適さを売りに、長距離の通勤客や訪日外国人客らの幅広いニーズを取り込む狙いがある。

 混雑する朝夕の通勤時間帯を中心に1日2往復運行。乗客は通常運賃とは別に500円を支払う仕組み。関西弁の「ええ(良い)」が命名理由の一つだという。

 JR西はまた、大阪府東部を走る「おおさか東線」(新大阪-久宝寺)を16日に全線開業した。関西線に接続し、新幹線が発着する新大阪駅と奈良駅を最短52分で結ぶ「直通快速」を1日4往復運行。従来より約15分の短縮となり、奈良方面へのアクセス向上で観光客増加が期待される。

 京都駅近くにある京都鉄道博物館(京都市下京区)前には、山陰線の新駅「梅小路京都西」が開業した。1日の乗降客は約7000人を見込む。