2019.3.15 05:05(1/2ページ)

自宅以外でもコカイン使用か…ピエール瀧容疑者送検、新事実明らかに

自宅以外でもコカイン使用か…ピエール瀧容疑者送検、新事実明らかに

送検された瀧容疑者は顔を隠さず、しっかり前を見据えていた=東京・青海(撮影・矢島康弘)

送検された瀧容疑者は顔を隠さず、しっかり前を見据えていた=東京・青海(撮影・矢島康弘)【拡大】

 12日にコカインを摂取したとして麻薬取締法違反(施用)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が14日、警視庁東京湾岸署から送検された。グレーのスエット姿でワゴン車の後部座席に座った瀧容疑者は前を見据えて報道陣に頭を下げるしぐさも。また、自宅以外でもコカインを使用していた可能性があるなど新事実も明らかになった。

 衝撃の逮捕から2日。自身の罪を受け止めるかのように瀧容疑者はしっかりと前を見据えた。

 この日午前10時頃、東京湾岸署から送検。約70人の報道陣が詰めかける中、かつての人気者はグレーのスエット姿で黒いワゴン車の後部座席に乗車。13日未明に移送される際は目を閉じていたが、送検では目を見開き、時折眉間にしわを寄せながらも、報道陣に頭を下げる場面もあり、罪の重さを実感しているようだった。

 また、捜査関係者によると、新たな供述も判明。瀧容疑者の日頃の行動などを確認したところ、東京・世田谷区内の自宅以外でもコカインを使用した疑いがある上、家宅捜索した際に自宅から殴り書きのような字体で記されたメモがあるノートを押収していたことが明らかになった。

 ノートは本人のものとみられ、押収した携帯電話の履歴などとともに分析し、コカインの入手経路や使用状況について調べを進めている。

【続きを読む】

  • 送検のため、東京湾岸署を出るピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(左)=14日午前10時1分
  • 送検のため、東京湾岸署を出るピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者=14日午前10時1分
  • 警視庁湾岸署から送検されるピエール瀧容疑者=14日午前10時すぎ、東京都江東区の湾岸警察署(撮影・矢島康弘)
  • 湾岸警察署から送検されるピエール瀧容疑者を乗せた車両と集まった報道陣=14日午前、東京都江東区の湾岸警察署(撮影・納冨康)
  • ピエール瀧容疑者の主な仕事