2019.3.15 18:53

浜村淳の半生がラジオドラマに

浜村淳の半生がラジオドラマに

ラジオドラマで浜村淳役を務める佐々木蔵之介(写真提供:MBS)

ラジオドラマで浜村淳役を務める佐々木蔵之介(写真提供:MBS)【拡大】

 タレントで映画評論家、浜村淳(84)がパーソナリティーを務めるMBSラジオの長寿番組「ありがとう浜村淳です」(月~金曜前8・0)が4月8日で45周年を迎えるにあたって、浜村の半生を描くラジオドラマ「浜村淳青春物語」(13、20日、後8・0)が放送されることが15日、同局から発表された。主演の浜村役は俳優、佐々木蔵之介(51)が務める。

 戦争の混乱の中、映画とラジオを愛した少年時代から、京都のジャズ喫茶「ベラミ」でスターたちと謳歌(おうか)した青春時代、親の反対を押し切って芸能事務所ナベプロに入った華やかな東京時代。

 自分の語りを追い求め、苦悩の末にたどり着いた独自のしゃべり、「浜村節」。さらに浜村淳の代名詞といわれる“映画語り”や“新聞読み”の誕生秘話が明かされるという。

 前編と後編に分けて1時間ずつ、当時の流行歌もはさみながら、笑いと涙がたっぷりの2時間のラジオドラマに仕上がった。