2019.3.15 14:41

ミッツ、同じ事務所のピエール瀧容疑者は「危険な香りを漂わせている人だった」

ミッツ、同じ事務所のピエール瀧容疑者は「危険な香りを漂わせている人だった」

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ【拡大】

 タレントのミッツ・マングローブ(43)が15日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反(施用)の疑いで逮捕された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者について語った。

 瀧容疑者と同じ事務所に所属し、1カ月前にもテレビ局のスタジオでたまたま会って話したというミッツは、「びっくりしましたし、電気グルーヴの音楽だったりラジオとか聴いて育った世代なんで、もちろん俳優さんとしても大好きな俳優さんですけど」と前置きした上で、「無茶する感じとか、破天荒な感じとか、ひょうひょうとこう、なんかちょっと不真面目にやってるようなあのスタイルが、すごく私はかっこいいなぁと思ってずっと見ていた」と自身の思いを語った。

 続けて「とかく最近ってこう、芸能界も、どんどん自主規制みたいなものとか、道徳的に振る舞わなきゃいけないみたいなのが強くなってる中で、ピエール瀧っていう存在は、ギリギリのところで、一歩踏み外さないところで一番危険な香りを漂わせている人の1人だった」と振り返り、「これが、あっ踏み外していたんだってなると、なかなかショックでした」とコメントした。