2019.3.13 16:05

宝塚花組の明日海りおが退団会見「まずは職探し」

宝塚花組の明日海りおが退団会見「まずは職探し」

思いを語り涙を静かにふく宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)

思いを語り涙を静かにふく宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)【拡大】

 11月24日付で宝塚歌劇団を退団することが決まった花組トップスター、明日海(あすみ)りおが13日、大阪市内のホテルで会見を開いた。

 冒頭のあいさつから声を詰まらせ、「一日一日、少しでもクオリティを上げていくことが大事だと思ってやってきた。宝塚、男役が大好きだという気持ちは持ち続けてきました」と2014年5月からのトップスター人生を振り返った。

 昨年1月の宝塚大劇場公演「ポーの一族」から退団を意識し始め、「CASANOVA」の千秋楽前日の今月10日に組子に伝えた。

 一番辛かったことは13年の月組から花組へ組替え。「自分が育った組を離れるのは辛かったけど、花組のトップスターとして恥ずかしくない舞台人になるぞとがんばれたことは、私の宝塚人生で幸せなこと」と振り返った。

 退団後の進路は「まずは職探し。職がなければ生きていけないので」と明言を避けたが、「自動車の免許を持っていないので教習所に行きたい」と身近な予定を立てた。

 結婚については「未知ですね。台湾で手相を見ていただいたときに、結婚線が何本もあると言われたんですけど、宝塚でかわいい娘さんを何人ももらったので全部消費したと思います」。次期トップ娘役、華優希(はな・ゆうき)で4人目のパートナーとなる男役らしく、ジョークで笑わせた。

 退団公演は8月23日に兵庫・宝塚大劇場で開幕するミュージカル「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」レビュー「シャルム!」で、大劇場サヨナラ公演は9月30日。11月24日、東京宝塚劇場の千秋楽をもって退団となる。

  • 会見で思いを語る宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)
  • 思いを語り涙をこぼす宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)
  • 退団が決まり、会見をした宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)
  • 会見を終え、笑顔で手をふる宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)
  • 退団が決まり、会見をした宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)
  • 会見を終える宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお=大阪市北区のホテル阪急インターナショナル(撮影・南雲都)