2019.3.13 04:00(1/2ページ)

「私でいいの!?」八木アナ、福山雅治の妻に!TBS系ドラマ「集団左遷!!」

「私でいいの!?」八木アナ、福山雅治の妻に!TBS系ドラマ「集団左遷!!」

特集:
女子アナ
福山と夫婦役で初共演する八木。その優しい笑顔と声で必死に頑張る夫を癒やす

福山と夫婦役で初共演する八木。その優しい笑顔と声で必死に頑張る夫を癒やす【拡大】

 元フジテレビのフリーアナウンサー、八木亜希子(53)が4月21日スタートのTBS系ドラマ「集団左遷!!」(日曜後9・0)に出演することが12日、分かった。主演の福山雅治(50)演じる銀行員の妻役で、巨大組織に立ち向かう夫を支える。同局の看板枠「日曜劇場」にはナレーションで出演経験はあるが、女優としては初。福山の“家族”になる八木は「私でいいの!?と思いました」とおちゃめに意気込んでいる。

 アイドル女子アナのパイオニアが“平成最後の日曜劇場”でスターの妻になる。

 「集団左遷!!」は、支店長として廃店候補の三友銀行蒲田支店に赴任した主人公・片岡洋が、リストラ寸前の銀行員たちと大逆転に挑む下克上エンターテインメント。

 八木は福山扮する片岡の妻・かおり役で出演。元銀行員で、異動した夫の大変さを理解し、決して前に出過ぎず、さりげなく支える良妻だ。

 2000年にフジを退社後、映画「みんなのいえ」(01年)で放送作家の妻役を好演。以後、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)、大河ドラマ「真田丸」(16年)など多数の話題作で妻や母親役などを演じ、存在感のある演技と声で視聴者を魅了してきた。

【続きを読む】