2019.3.10 15:31

水森かおり、初の単独座長公演で加トちゃんらと共演「ドリフ世代なのでうれしい」

水森かおり、初の単独座長公演で加トちゃんらと共演「ドリフ世代なのでうれしい」

Γ加トちゃんぺ」を披露して笑わせた(左から)仲本工事、水森かおり、加藤茶

Γ加トちゃんぺ」を披露して笑わせた(左から)仲本工事、水森かおり、加藤茶【拡大】

 歌手、水森かおり(45)が10日、東京・日本橋浜町の明治座で行われた「水森かおり特別公演」(18日まで同所)の記者会見を行った。

 同座で初の単独座長公演となった水森は、第1部の舞台「東京そば屋人情物語 にぃねえちゃん!」でザ・ドリフターズの加藤茶(76)、仲本工事(77)と共演しており、「おけいこから生で見られて。ドリフ世代なのでうれしいです」と感激。“加トちゃんぺ”を3人で生披露するパフォーマンスも見せて笑わせた。

 また、加藤の45歳年下妻がこの日、観劇に来ることが分かると、水森は「私は45歳だから(結婚相手は)45歳年上の90歳の方がターゲット?」とボケて笑わせた。

 一方、加藤は2014年に動作障害を患うパーキンソン症候群になったが、現在の体調について聞かれると「加藤はもうダメだと言われたけど今は大丈夫」と完全復活をアピールした。