2019.3.10 11:20

ホリエモン、須田亜香里に声荒げる「捕まってみてそんなこと言えるか?」

ホリエモン、須田亜香里に声荒げる「捕まってみてそんなこと言えるか?」

堀江貴文氏

堀江貴文氏【拡大】

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(46)が10日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)が世界を驚かせた謎の“作業着ルック”について、SKE48の須田亜香里(27)の発言に声を荒げた。

 ゴーン被告は6日、東京拘置所(東京都葛飾区)から保釈され、待ち構えた国内外の報道陣の目を逃れようと工事関係者に変装する前代未聞の“奇策”を決行した。

 須田が「あの変装を見た時、ふざけてるのかと思った。いいのかな? って思った」と率直な感想を述べると、堀江氏は「全然いいんだよ」と述べた。須田が「でも、自分の無罪に自信があったら…」と対抗すると、「だから、あんたね。捕まってみてそんなこと言えるか?」と声を荒げた堀江氏。「捕まったことないやつが適当に言ってんだけど、あんな精神状態で…」とさらに畳み掛けたところで、元衆院議員のタレント、杉村太蔵(39)が「捕まったこともないのに話すな、って言ったら(ここにいる)誰も話せないですよ。ちょっとそれは抑えていただきたい。気持ちはわかるけど」と絶妙な仲裁。堀江氏は「すごくいい変装の仕方を思いつきましたよ。他人のすごく精巧なフェースマスクをつければいいんですよ」と話題を変えていた。