2019.3.10 11:00(1/3ページ)

【エンタメLOCK★ON】奥華子、夢は路上ライブツアー「採算が合わないかも」

【エンタメLOCK★ON】

奥華子、夢は路上ライブツアー「採算が合わないかも」

  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥。「ツアーの前なので1日5キロでも走り込もうかな」とハニかんだ=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 初心を忘れず、ひと回りもふた回りも大きく、着実に成長を遂げている奥=東京・虎ノ門(撮影・加藤圭祐)
  • 奥華子、デビュー前の渋谷路上ライブ=2005年撮影
  • 奥華子、デビュー前の大阪路上ライブ=2005年撮影
  • 奥華子、デビュー前の柏路上ライブ
  • 奥華子、デビュー前の津田沼路上ライブ
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー5周年記念ライブ=2010年7月撮影
  • 奥華子、デビュー10周年記念公演=2015年7月撮影
  • 奥華子、デビュー10周年記念公演=2015年7月撮影
  • 奥華子、デビュー10周年記念公演=2015年7月撮影
  • 奥華子、デビュー10周年記念公演=2015年7月撮影
  • 奥華子、デビュー10周年記念公演=2015年7月撮影
  • 奥華子、デビュー10周年記念公演=2015年7月撮影
  • 奥華子、アルバム「KASUMISOU」ジャケット写真
  • 「KASUMISOU」収録曲
  • 奥華子弾き語りツアー日程

 アニメ映画「時をかける少女」の主題歌や積和不動産「MAST」などのCMソングで注目を集めたシンガー・ソングライター、奥華子(40)。20日に満を持して約2年ぶりとなる新アルバム「KASUMISOU」を発売し、5月17日にキーボードの弾き語りツアーがスタートする。7月からデビュー15周年に突入する赤い眼鏡の歌姫は、路上ライブで磨き上げた“魔法の歌声”を武器に新たなステージへ挑む!!

 ♪お部屋探しマスト-など、コミカルなCMソングから哀愁漂う失恋バラードまで幅広いジャンルの楽曲を生み出し、心に真っ直ぐ響く歌声で魅了し続ける奥。

 音楽人生を振り返り、「あっという間に15年目がやってくる感じです。10年目あたりから気持ちに余裕ができて、自分のペースで進められるようになりました。私自身が認められるようになったからかな」と充実の笑みを浮かべた。

 新アルバム「KASUMISOU」は新曲をはじめ、サンリオピューロランドとのコラボ曲や他のアーティストに提供した楽曲のセルフカバーなど12曲を収録した意欲作だ。「人との出会いによって生まれた曲がたくさん入っているので、奥華子の要素がすごく濃いアルバムになりました」と胸を張る。

 聴く人の心を揺さぶる“魔法の声”は路上ライブで磨き上げた。5歳からピアノ、9歳からトランペットを習い、音大在学中、音楽事務所に所属。1998年頃からライブハウスで活動を始めた。「当時は根拠のない自信がすごくあって自己満足で歌っていました。でも、お客さんが全然増えなくて、自信がゼロになった」。悩み抜いた末、たどり着いたのが路上ライブだった。

【続きを読む】