2019.3.8 15:53

ナイナイ岡村「麒麟がくる」で大河初出演に「チコちゃんさまさま」

ナイナイ岡村「麒麟がくる」で大河初出演に「チコちゃんさまさま」

NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見 登壇する岡村隆史=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)

NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見 登壇する岡村隆史=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)【拡大】

 ナインティナインの岡村隆史(48)が来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)に出演することが8日、発表された。

 同作は俳優、長谷川博己(42)が主演し、戦国武将の明智光秀を主人公とした物語。この日発表されたのは物語の前半部分にあたる「美濃編」のキャストで、大河初出演となる岡村が演じるのは光秀が美濃で出会う三河出身の架空の農民・菊丸。敵か味方がわからないが、常に光秀の危機を助ける人物という。

 東京・渋谷の同局で行われた会見に出席した岡村は「大抜擢(ばってき)でございます」と緊張の面持ち。

 NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」に出演中だが、「チコちゃんのおかげでございます。チコちゃんが出るわけにはいかないということで、選ばれたんじゃないか。チコちゃんさまさまです」と大感激。「皆さまに叱られないように頑張ります。何もしなくていいと言われ、ボーッとしている状態ですが、選んでいただいたからには頑張りたいです」とチコちゃんの決めぜりふを交えて心境を明かした。

 制作統括の落合将氏は岡村が演じる菊丸役について「ユーモラスな農民」と説明。「コミカルな役としての菊丸の存在感が(物語に)必要だった。コミカルで体も動きもいい岡村さんが一番はまると思いました」と起用理由を明かした。

 注目の織田信長役は染谷将太(26)、斎藤道三役は本木雅弘(53)。高橋克典(54)は信長の父の信秀、沢尻エリカ(32)が信長の妻となる帰蝶を演じ、ともに大河初出演を果たす。光秀の母の明智牧役は石川さゆり(61)で、2006年の「巧名が辻」以来の大河出演。光秀が京で出会う架空の人物の駒役は門脇麦(26)が演じる。

 主演の長谷川は、放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8・0)で安藤サクラ(33)ふんするヒロインの夫を好演。「まだラーメン作りを終えたばかりで、大河の重厚な雰囲気についていけない自分もいます」と笑わせながら、「ものすごく豪華な皆さんの真ん中に立たせていただけるのがすごい。今から武者震いをしています。このキャストでこの作品であれば確実におもしろくなる。勝算はあります。明智光秀が最後は死なないんじゃないかってくらい自信があります」とユーモアを交えて意気込んだ。

  • NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見フォトセッションにおさまる出演者。(後列左から)尾美としのり、西村まさ彦、石川さゆり、高橋克典、上杉祥三(前列左から)沢尻エリカ、堺正章、本木雅弘、主人公・明智光秀役を演じる長谷川博己、門脇麦、岡村隆史、染谷将太=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)
  • NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見大河への思いを語った沢尻エリカ=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)
  • NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見大河への思いを語った沢尻エリカ=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)
  • NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見登壇する門脇麦=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)
  • NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見登壇する沢尻エリカ=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)
  • NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見あいさつする出演者(後列左から)尾美としのり、西村まさ彦、石川さゆり、高橋克典(前列左から)本木雅弘、主人公・明智光秀役を演じる長谷川博己、門脇麦=東京・渋谷のNHK放送センター(撮影・戸加里真司)