2019.3.5 12:27

デヴィ夫人「反省も何もしていないと思います」 元経理担当に懲役4年

デヴィ夫人「反省も何もしていないと思います」 元経理担当に懲役4年

デヴィ夫人は元側近の実刑判決に「納得できます」と笑みをもらしつつ、隠し金の存在を疑った=東京・霞ヶ関

デヴィ夫人は元側近の実刑判決に「納得できます」と笑みをもらしつつ、隠し金の存在を疑った=東京・霞ヶ関【拡大】

 タレント、デヴィ夫人(79)が代表を務める芸能事務所、オフィス・デヴィ・スカルノ(東京)の運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた元経理担当、辻村秀一郎被告(61)の判決公判が5日、東京地裁で開かれ、大川隆男裁判官は「背信的で継続的な犯行」として懲役4年(求刑4年6月)の実刑判決を言い渡した。

 判決後、デヴィ夫人は報道陣の囲み取材に応じ「まあ、納得いきます」と笑みもまじえて満足そうな表情。ただ、髪を背中まで伸ばし放題でげっそりした印象の辻村被告には「反省も何もしていないと思います。発覚したときはニヤニヤしてましたし、護送車では笑っていた。この間の法廷では居眠りしてましたから」と不快感をあらわにした。

 さらに「彼は知能犯。どこかにお金を隠しているのでは」とした上で、民事提訴については「準備段階ですが、彼がどんな嘘を警察に言っているか知りたい。民事の方でだんだんと、どういう悪事をしたか分かると思います」として、時期は明言しなかったが改めて前向きな姿勢を示した。

 起訴状によると、辻村被告は2013年12月から16年8月にかけて計59回、事務所名義の預金口座から総額約2200万円を引き出し、着服したとしている。が、デヴィ夫人は実際には280回以上、総額1億7000万円以上が着服されたと主張している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. デヴィ夫人「反省も何もしていないと思います」 元経理担当に懲役4年