2019.3.4 05:02

カンテレ報道ランナーチーム充実!満足!竹上萌奈アナがリベンジ宣言

カンテレ報道ランナーチーム充実!満足!竹上萌奈アナがリベンジ宣言

チーム「報道ランナー」の(左から)坂元アナ、片平さん、竹上アナ、大橋アナ、高橋アナ、豊田アナ=淀川河川公園

チーム「報道ランナー」の(左から)坂元アナ、片平さん、竹上アナ、大橋アナ、高橋アナ、豊田アナ=淀川河川公園【拡大】

 フジパンPresents 淀川 寛平マラソン2019(3日、大阪・淀川河川公園)3度目の開催で6区間約36キロに変更された駅伝は、よしもと芸人チームに加え、カンテレ「報道ランナーチーム」と昨季まで阪神でプレーした今成亮太氏(31)=現タイガースアカデミーベースボールスクールコーチ=が初参戦。読売テレビ「大阪ほんわかテレビチーム」も激走し過去最高の盛り上がりを見せた。総合206位ながら「絆を見せました」と笑顔の竹上萌奈アナウンサー(26)率いるカンテレは、早くも来年のリベンジを宣言した。

 「皆さんの普段の練習の実力以上を出して充実感と満足感があったんですけど、レベルが高かったです」

 206位の結果に首を傾げつつも、キャプテンを務めた竹上アナの表情は晴れやかだった。

 ニュース番組「報道ランナー」(月~金曜後4・47)のフィールドキャスター、坂元龍斗アナ(33)が1区を「練習より1分半速いタイム」で快走。2区の気象予報士、片平敦さん(37)は沿道のファンからの「あしたのお天気は?」のムチャ振りに丁寧に答えながら力走した。

 中継点に立ち遅れるハプニングの3区・竹上アナ、最年長の4区・大橋雄介アナウンス部長(54)がやや落としたタイムは、5区の高橋真理恵アナ(32)、6区の豊田康雄アナ(49)が盛り返した。

 「つなごうという意識が強いから絆が生まれた。作戦勝ちですね。来年? 1年計画ということで」と大橋部長。

 竹上アナが「チームの絆を見せました」とガッツポーズを見せると、片平さんが「たまランナー」とお得意のダジャレで締めた。

  • 初出場の「報道ランナー」チーム。2区で激走したお天気の片平敦さん
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. カンテレ報道ランナーチーム充実!満足!竹上萌奈アナがリベンジ宣言