2019.3.3 14:15

猫ひろし、自己ベスト更新ならずも東京五輪でも「にゃ~」宣言

猫ひろし、自己ベスト更新ならずも東京五輪でも「にゃ~」宣言

東京マラソンで完走した猫ひろし=東京・丸の内

東京マラソンで完走した猫ひろし=東京・丸の内【拡大】

 2016年のリオデジャネイロ五輪男子マラソンのカンボジア代表でタレント、猫ひろし(41)が3日、東京マラソン(東京都庁~東京駅前・行幸通り)に出場。小雨が降る肌寒い悪条件の中、2時間29分51秒(速報値)でゴールした。

 カンボジア国旗の入ったウエア姿で気合十分の猫は自己ベスト(2時間27分48秒)の更新を狙ったが、「マラソンは甘くないです。もうちょっときっちり走りたかった」と残念そう。

 今回は40キロ付近からスピードを上げる練習をして参戦。「35キロ付近から乳酸がたまってきたけど、良い走りはできた」と2時間30分以内のタイムに手応えを感じていた。

 沿道からの声援にはお約束のギャグ「にゃ~」を披露。年齢的にはアラフォーで「寝てても一晩でトイレで3回起きるし、老いは隠せない」と苦笑するも、今後は東京五輪の出場権獲得に向け、11月にフィリピンで開催される東南アジア競技大会に照準を合わせた調整に入る。メダルを取れば夢舞台に大きく前進し、「東京五輪本番でも『にゃ~』のギャグをやる? それは僕のスタイルですから」。アスリート魂に加え、芸人としてのプライドも健在だった。

  • フィニッシュした猫ひろし=3日、東京都千代田区(桐山弘太撮影)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 猫ひろし、自己ベスト更新ならずも東京五輪でも「にゃ~」宣言