2019.3.2 05:03

日本アカデミー賞「万引き家族」8冠!安藤サクラ涙、撮影中の葛藤明かす

日本アカデミー賞「万引き家族」8冠!安藤サクラ涙、撮影中の葛藤明かす

  • 名誉のブロンズを手に記念撮影する左から役所広司、是枝監督、安藤、松坂桃李=東京・高輪(撮影・菊本和人)

 第42回日本アカデミー賞の授賞式が1日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、最優秀主演女優賞に映画「万引き家族」の安藤サクラ(33)が輝いた。

 万引で生計を立てる一家の“母”を演じた安藤はプレゼンターの俳優、菅田将暉(26)からブロンズを受け取ると感激の涙。「子育てと(同作の撮影の)現場と、どうやってバランスをとればいいのか分らなくて…」と撮影中の葛藤を明かしつつ、「やはりどうしたって映画の世界に憧れを抱いてしまう。もやもやしていましたが、環境を整えてまた映画の世界に戻ってきたい」と笑顔で次回作への意欲を語った。

 「万引き家族」は最優秀作品賞のほか、是枝裕和監督(56)が最優秀監督賞、故樹木希林さんが最優秀助演女優賞、ミュージシャンの細野晴臣(71)が最優秀音楽賞を受賞するなど8冠を制し、今年の日本アカデミー賞に旋風を巻き起こした。