2019.2.28 05:04(1/2ページ)

“弟”二宮和也&“兄”妻夫木聡、日本アカデミー賞コンビが初共演

“弟”二宮和也&“兄”妻夫木聡、日本アカデミー賞コンビが初共演

特集:
映画「浅田家(仮)」に出演する二宮和也

映画「浅田家(仮)」に出演する二宮和也【拡大】

 嵐の二宮和也(35)が来年公開の映画「浅田家(仮)」(中野量太監督)に主演し、俳優、妻夫木聡(38)と兄弟役で初共演することが27日、分かった。自身の家族を被写体にフィクション設定の“家族写真”を撮り続ける写真家、浅田政志氏(39)の物語。兄役の妻夫木と日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞コンビを結成する二宮は「こんな機会もめったにないので目いっぱい楽しみたい」と気合十分だ。

 二宮と妻夫木の“アカデミー賞コンビ”が、イケメン兄弟としてスクリーンで初共演する。

 同作は、二宮演じる写真家、浅田政志氏が、兄の幸宏氏、父の章氏、母の順子さんと自身を含む家族を被写体に、消防団などの設定で“家族写真”を撮り続ける姿や、家族の絆などを事実をもとに描くオリジナル作品。

 政志氏は2008年に刊行した写真集「浅田家」が、“写真界の芥川賞”といわれる第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。15年の写真集「アルバムのチカラ」では、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し、持ち主に返すボランティア活動をする人たちを約2年間にわたり撮影して異彩を放っている写真家だ。

 今回、浅田氏の実話を映画化するにあたり、兄弟役に選ばれたのが二宮と妻夫木。2人は日本テレビ系「嵐にしやがれ」やフジテレビ系「VS嵐」など嵐のレギュラー番組で共演歴があり、妻夫木が嵐のコンサート会場に足を運ぶなどの交流があったが、演技では初共演。妻夫木は10年の「悪人」で、二宮は16年の「母と暮せば」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いたことがあり、ともに実力派だけに演技対決を心待ちにする。

【続きを読む】

  • 映画「浅田家(仮)」に出演する妻夫木聡
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. “弟”二宮和也&“兄”妻夫木聡、日本アカデミー賞コンビが初共演