2019.2.26 08:58

トランプ氏、スパイク・リー監督は「差別主義者」 アカデミー賞授賞式の演説に不快感

トランプ氏、スパイク・リー監督は「差別主義者」 アカデミー賞授賞式の演説に不快感

特集:
トランプ劇場

 トランプ米大統領は25日までに、映画のスパイク・リー監督を「人種差別主義者」呼ばわりするなど、ツイッターで不快感を示した。リー氏は24日のアカデミー賞授賞式で名指しを避けながらもトランプ氏を非難していた。

 リー氏は、白人至上主義やトランプ氏を激しく糾弾した映画「ブラック・クランズマン」で脚色賞を受賞。

 リー氏は2016年に亡くなった人気歌手プリンスさんへの追悼を込め、プリンスさんのシンボルカラーだった紫のスーツやアクセサリーを身に着けて登場。今月が黒人の歴史を学び直す「黒人歴史月間」であることに触れ、人種差別問題に言及。「20年大統領選が間もなくだ」と述べ、問題を描いた代表作「ドゥ・ザ・ライト・シング」に引っ掛けて「正しいことをしよう」と訴えた。

 これに対しトランプ氏は「人種差別者の攻撃だ。(私は)ほかの大統領よりも黒人のために多くのことを行っている」と非難した。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. トランプ氏、スパイク・リー監督は「差別主義者」 アカデミー賞授賞式の演説に不快感