2019.2.23 13:26

安田顕が印象深かった贈り物は?興奮気味の告白に会場沸く

安田顕が印象深かった贈り物は?興奮気味の告白に会場沸く

映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の公開記念舞台あいさつに登壇した左から宮川サトシ、松下奈緒、安田顕、倍賞美津子、大森立嗣監督=東京・有楽町

映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の公開記念舞台あいさつに登壇した左から宮川サトシ、松下奈緒、安田顕、倍賞美津子、大森立嗣監督=東京・有楽町【拡大】

 俳優、安田顕(45)が23日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(大森立嗣監督)の公開記念舞台あいさつに共演の倍賞美津子(72)、松下奈緒(34)らと登壇した。

 がん宣告を受けた母(倍賞)と心優しい息子(安田)の感動物語。

 クライマックスシーンの母からの贈り物にちなみ、印象深い贈り物を聞かれたプロレスファンの安田は「初代タイガーマスクの佐山聡さんがサインをしてくれた覆面」と興奮気味に告白し、会場を沸かせた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 安田顕が印象深かった贈り物は?興奮気味の告白に会場沸く