2019.2.22 15:27

柴咲コウ、猫に飛び乗られ「セーター、ビロビロ」

柴咲コウ、猫に飛び乗られ「セーター、ビロビロ」

映画「ねことじいちゃん」の初日舞台あいさつに出席した左から立川志の輔、柴咲コウ=東京・新宿

映画「ねことじいちゃん」の初日舞台あいさつに出席した左から立川志の輔、柴咲コウ=東京・新宿【拡大】

 落語家、立川志の輔(65)が22日、東京・新宿バルト9で行われた初主演映画「ねことじいちゃん」(岩合光昭監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 猫の日の公開となり、出演者は映画に登場した猫を抱いて登壇。志の輔は「『ねことじいちゃん』を広めてください。タイトルが思い出せなかったら、サブタイトルに『猫を止めるな!』とついてますのでよろしくお願いします」と大ヒット映画「カメラを止めるな!」をネタにアピールした。

 同作では妻に先立たれ、飼い猫・タマと心を通わせる70歳の主人公を熱演。撮影を振り返り、「監督が『タマ、おまえはなんてすばらしいんだ』と言ってワンカット、ワンカット抱きしめるんですよ。私のことは一度も抱きませんでした」と笑わせた。

 共演の女優、柴咲コウ(37)は愛猫家。シェルターから引き取った猫を飼っているといい、「賢くて目を合わせると飛び乗ってくる芸ができるんです。最近はちょっとでも目が合うと、お皿とかを持ってても飛び乗ってくる。セーターを着ていると、ビロビロになっちゃって」とやんちゃ猫との暮らしを明かした。

  • 映画「ねことじいちゃん」の初日舞台あいさつに出席した左から葉山奨之、銀粉蝶、小林薫、立川志の輔、柴咲コウ、柄本佑、山中崇、岩合光昭監督=東京・新宿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 柴咲コウ、猫に飛び乗られ「セーター、ビロビロ」