2019.2.21 05:02(1/2ページ)

真島なおみ、22日公開『翔んで埼玉』で埼玉県民の誇り覚醒!「続編に出たい」

真島なおみ、22日公開『翔んで埼玉』で埼玉県民の誇り覚醒!「続編に出たい」

特集:
サンスポGoGoクイーン
グラビア通信
「翔んで埼玉」の魅力をたっぷりと語った真島なおみ

「翔んで埼玉」の魅力をたっぷりと語った真島なおみ【拡大】

 埼玉県出身の初代サンスポGoGoクイーン、真島なおみ(20)が語る映画「翔んで埼玉」(22日公開、武内英樹監督)のコラム後編。主演の二階堂ふみ、GACKTのスクリーンからあふれ出す魅力に目を輝かせ、埼玉から本格派女優、歌手を目指す自分自身の夢についてもたっぷりと語った。

 「翔んで埼玉」の愛あるディスりは、私の体の奥深くにあった埼玉県民の誇りを呼び覚ましてくれました。原作も読んでいたのですが、キャストのみなさんも、誰もが素晴らしかったです。

 まず二階堂ふみさん(壇ノ浦百美役)の「ショタ感」(少年を指すサブカル用語)がすごい。キャストのみなさんは、宝塚っぽく見せるメークで、鼻筋にノーズシャドーを入れていますが、二階堂さんは彫りが深いから、シャドーが薄くても原作の百美に近いんですよね。

 そしてGACKT様(麻実麗役)。ひたすらかっこいいし、美しい。あんな高校生、現実の埼玉では見たことがないです。まさに「埼玉県人の伝説のヒーロー」。それだけでなく、伊勢谷友介さん(阿久津翔役)とのキスも見られてしまうなんて!

【続きを読む】

  • 「翔んで埼玉」の魅力をたっぷりと語った真島なおみ
  • 「翔んで埼玉」の魅力をたっぷりと語った真島なおみ
  • 「翔んで埼玉」の魅力をたっぷりと語った真島なおみ
  • 「翔んで埼玉」の魅力をたっぷりと語った真島なおみ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 真島なおみ、22日公開『翔んで埼玉』で埼玉県民の誇り覚醒!「続編に出たい」