2019.2.20 15:46

元テレ朝アナ石井希和、プロ野球選手からの“ナンパ”対処法

元テレ朝アナ石井希和、プロ野球選手からの“ナンパ”対処法

石井希和

石井希和【拡大】

 元テレビ朝日のフリーアナウンサー、石井希和(41)が19日放送のフジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」(火曜後10・0)に出演。プロ野球選手からの“ナンパ”対処法を明かした。

 石井は番組内の「スナック有吉」にのコーナーに、元日本テレビの馬場典子(44)、元NHKの神田愛花(38)、元TBSの吉田明世(30)ら、フリーアナウンサーとなった面々とともに出演。交際や結婚ではスポーツ選手がお相手となるイメージを持たれることが多い女性アナウンサーの裏話を明かした。

 馬場は朝の情報番組で取材をしていた際に、「球団担当の記者さんがつなぎ役となって食事会があって、というパターン」と交流のきっかけを語った。すると石井は「球場でナンパされたりしません?」と質問。周りが否定する中、「されたことあります」とあっけらかんと明かした。

 アンタッチャブル、山崎弘也(43)から「どこの選手ですか?」と直球の質問がされるも、そこは沈黙の石井。「球団の広報から『〇〇選手の電話番号』って渡される」と当時を振り返った。

 石井は電話番号をもらっても「困る」と吐露。「かけないと失礼になっちゃう。かけると気を持たせちゃう」と悩んでいた際、「一つ、いいことを思いついた」という。それは「テレビを見ていて、バッターボックスに立っている時にかける。非通知で」と、当たり障りのないメッセージを留守番電話に残す方法で対処していたのだと話した。

 これには一同も「へぇー」と感心。しかし、山崎からは「ってことは、打者だな」と突っ込まれ、笑うしかなかった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 元テレ朝アナ石井希和、プロ野球選手からの“ナンパ”対処法