2019.2.14 11:30(1/2ページ)

【365日グラドル日記(159)】グラビア史に残る究極のヘアヌードを披露した永岡怜子

【365日グラドル日記(159)】

グラビア史に残る究極のヘアヌードを披露した永岡怜子

特集:
365日グラドル日記
グラビア通信
2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子(撮影・松田忠雄)

2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子(撮影・松田忠雄)【拡大】

 永岡怜子(ながおか・れいこ、フリー)★生年月日 1987年10月21日 ★出身地 埼玉県 ★デビュー年 永岡怜子としては2017年 ★スリーサイズ 158センチ B88(Gカップ)W56H88

 グラドルとして活躍後、2018年の女優転身を機に改名し、ヘアヌード写真集を発売して話題を集めた永岡怜子。先月発売した2冊目のヘアヌード写真集「花一華」でも芸術的なボディーラインを披露している。

 --芸能界デビューのきっかけは

 「最初は友人の紹介でした。グラビアというより、アイドルさんのライブのMCをしたり、サブカル系のイベントへのゲスト出演が多かったです」

 --グラビアの魅力は

 「女体の持つ柔らかさ、しなやかさ、曲線の美しさでもって視覚的に人々を癒すことができるところが魅力です」

 --自身のセールスポイントは

 「くびれです」

 --ポロリなど、DVD撮影やファンとのイベントの失敗談、エピソードなどを教えてください

 「昔グラビアアイドルをやっていた頃は撮影に合わせてどんなに頑張って、くびれを作っていっても、使われるのは胸の強調されたカットや破廉恥な衣装、際どいポージングの写真ばかり。脱ぎかけのお写真も多くて、肝心のくびれが脱ぎかけのお洋服で隠れちゃうんです。ところがヌードになると隠すものがないので、くびれの綺麗な写真を使っていただけるんです。これは女体好きの私には嬉しい発見でした」

 --趣味、特技や最近ハマっていることは

 「学生時代に運動部のマネージャーをやっておりました。独学でスポーツマッサージやテーピングの技術などの勉強をしたり、大人になってからは趣味でオイルマッサージやストレッチなども学んでいたのですが、今ではもっと本格的に、人体の構造から学んでみたくなり解剖学や生理学から東洋医学的な考えまでしっかりと学べる鍼灸学校に通っています。楽しんで学んでいます」

【続きを読む】

  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子(撮影・松田忠雄)
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子(撮影・松田忠雄)
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子
  • 2冊目のヘアヌード写真集「花一華」で惜しげもなく美ボディーを披露した永岡怜子
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【365日グラドル日記(159)】グラビア史に残る究極のヘアヌードを披露した永岡怜子