2019.2.14 16:02

松前ひろ子が新曲発表会で弟子の三山ひろしとハグ

松前ひろ子が新曲発表会で弟子の三山ひろしとハグ

新曲「女一代 演歌船」の発表会で弟子で演歌歌手、三山ひろしからバースデーケーキを贈られ、喜ぶ松前ひろ子=東京・南青山

新曲「女一代 演歌船」の発表会で弟子で演歌歌手、三山ひろしからバースデーケーキを贈られ、喜ぶ松前ひろ子=東京・南青山【拡大】

 デビュー50周年の演歌歌手、松前ひろ子(69)が14日、東京・Liveレストラン青山で新曲「女一代 演歌船」の発表会を開いた。

 13日に発売した同曲を丁寧に歌い上げた松前は、「初めて自分の人生を例えた曲。大きな曲を夫(作曲家、中村典正氏)が作ってくれました」と背筋を伸ばした。

 デビュー2年目で交通事故に遭い、顎を骨折。約8年の歌えない時期に、いとこで演歌歌手の北島三郎(82)から「とりあえず結婚しろ」と言われたことを明かし、「事故は辛かったけれど、おかげで女の幸せをつかめた」とほほ笑んだ。そして、デビュー50周年を迎え、北島から「声が出るうちは歌いなさい」と応援されたことを明かした。

 この日は、弟子の演歌歌手、三山ひろし(38)もサプライズで参加し、1月28日に誕生日を迎えた松前をケーキで祝福。松前は報道陣からハグを促されると「恥ずかしい」と大照れしながら三山とハグ。「初めて(三山に)ハグされたので」と赤面しつつ、「(三山が)いつも励ましてくれる。パワーをもらっています」とたくましく成長した弟子の姿に目を細めた。

 また、6月13日から10日間、ブラジル・サンパウロで公演をすることも発表され、「1年、1年を大切にしていきたい」と前を向いた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 松前ひろ子が新曲発表会で弟子の三山ひろしとハグ