2019.2.14 12:00

女王たちが繰り広げる昼ドラばり女3人の愛憎劇「女王陛下のお気に入り」は大まじめに笑かしてくれますねん!/週末エンタメ

女王たちが繰り広げる昼ドラばり女3人の愛憎劇「女王陛下のお気に入り」は大まじめに笑かしてくれますねん!/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
アン王女(オリヴィア・コールマン、右)と公爵夫人サラ(レイチェル・ワイズ)のあやしい関係はやがて…!?(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.

アン王女(オリヴィア・コールマン、右)と公爵夫人サラ(レイチェル・ワイズ)のあやしい関係はやがて…!?(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation.【拡大】

 今年のアカデミー賞で最多の9部門10ノミネートされた15日公開の「女王陛下のお気に入り」。主演のオリビア・コールマン、助演のエマ・ストーン、レイチェル・ワイズがそろって候補になってる女優三つどもえの演技合戦はときにニヤリで、見応えありまっせ~。

     ☆

 試写中、気になったせりふや事象なんかをメモってます。本作では最終的に「これ、ホンマなん?」と書きなぐり。1708年のイギリス王室ときたら、大まじめに笑かしてくれますねん。

 当時、英国はフランスとスペイン継承戦争の真っただ中。やっちゅうに、アン女王は幼少期からの親友にしてブレーンのサラ・チャーチル公爵夫人に宮殿をプレゼントすると言い出し、「戦時下なのに浪費が過ぎます」とたしなめられるや、大ボケかまします。

 アン だって勝ったやんか

 サラ まだ戦争は続いてますって

 アン あらま…

 てな感じで、ここに描かれるアン女王ったら、か~なり個性的ですわ。

 痛風で歩くのが難儀やから車いすに乗ることもある。甘いもんに目がないせいか、超ふくよか。その自覚はあるから、召使いがチラ見しただけで「今、見たよね。バカにしたよね!」と食ってかかりよる。そして部屋では、亡くなったわが子の人数と同じ17匹のウサギを放し飼い…etc。

 困ったちゃんの女王を支え、王室を牛耳ってるのがしっかり者のサラ公爵夫人なんですな。

 物語は没落貴族の娘、アビゲイルが従姉のサラを頼り、召使いとして雇われるとこから始まる。

 実はサラ、寝室で女王に「足をもんで」と頼まれると、股間もマッサージ。2人は“親友以上”でもあるんです。目撃したアビゲイルが、そこに割って入って、宮廷内のパワーバランスを崩しにかかりよる。

 広角ローアングルの多用で、宮廷はどこか絵空事のごとき不思議空間。そこを舞台に、全裸もいとわぬ野心むき出しアビゲイルに扮した「ラ・ラ・ランド」のストーンと、凜とした美魔女サラのワイズが繰り広げる心身の消耗戦がえげつなぁ~。

 そして、その中心で、主演コールマンが天然のアン王女を、哀愁と狂気に笑いをまぶして怪演。懐かしの昼ドラばり愛憎劇にクギ付けです。

 ちなみに、ゴールデングローブ賞主演女優賞はミュージカル・コメディー部門での受賞。宮廷サバイバルに必死のパッチの3人をわろてんか!(笹井弘順)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 女王たちが繰り広げる昼ドラばり女3人の愛憎劇「女王陛下のお気に入り」は大まじめに笑かしてくれますねん!/週末エンタメ