2019.2.13 18:57

アニメ「鷹の爪」制作会社が粉飾 監視委、課徴金1億3540万円勧告

アニメ「鷹の爪」制作会社が粉飾 監視委、課徴金1億3540万円勧告

 証券取引等監視委員会は13日、アニメ「秘密結社 鷹の爪」を制作する東証1部上場の「ディー・エル・イー」(東京都千代田区)が、架空取引などで売り上げを過大に計上し決算を粉飾したとして、金融商品取引法に基づき同社に課徴金1億3540万円を納付させるよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、同社は、劇場用アニメの制作委員会の出資者らと、映像制作業務の架空取引を行うなどし、2014年3月期~18年3月期に計約23億円の売り上げを過大計上し、純利益を計約6億円水増しした。

 同社は14年3月に東証マザーズに上場し、16年4月に1部へ市場変更した。監視委は、直近2年間の利益総額が5億円以上という東証1部への変更条件を達成するため、同社の経営陣が主導し粉飾決算したとみている。

 信用調査会社などによると、同社は01年に設立。鷹の爪はテレビ放映で人気を集め、関連の商品やイベントも多い。同社は「勧告を真摯に受け止め、再発防止に努めたい」とコメントした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. アニメ「鷹の爪」制作会社が粉飾 監視委、課徴金1億3540万円勧告