2019.2.12 14:53

「植村直己冒険賞」に岡村隆さん 南アジア遺跡調査で成果

「植村直己冒険賞」に岡村隆さん 南アジア遺跡調査で成果

 自然を舞台に活躍した人を表彰する「植村直己冒険賞」(兵庫県豊岡市主催)に、NPO法人「南アジア遺跡探検調査会」理事長の岡村隆さん(70)=東京都練馬区=が選ばれ、東京都内で12日、記者会見した。南アジアのジャングルでの遺跡調査で多くの成果を上げた。

 岡村さんは宮崎県小林市出身。1969年4月1日から2018年8月25日にかけ、スリランカやモルディブのジャングルで、主に仏教遺跡を探検、調査。現地を計16回訪れ、スリランカで258カ所、モルディブで11カ所の遺跡を発見した。

 岡村さんは会見で「発見した大半は地味な目立たない遺跡。その積み重ねの末に、日本仏教のルーツが浮かび上がるのではないかと思う」と語った。20年夏にもスリランカで調査する予定という。

 植村直己さんとは1983年のモルディブでの遺跡調査で関わりがあった。植村さんはテレビ番組の企画に加わり、岡村さんの調査と競合。岡村さんは「私の調査に正当性があると感じてくれたのか、テレビチームとの間に入って気遣いしてくれた」と振り返った。

 授賞式は6月1日に植村さんの出身地豊岡市で開かれる。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「植村直己冒険賞」に岡村隆さん 南アジア遺跡調査で成果