2019.2.10 05:05(1/2ページ)

八千草薫、がん治療に専念…昨年1月すい臓がん手術も肝臓に転移

八千草薫、がん治療に専念…昨年1月すい臓がん手術も肝臓に転移

がんを公表した八千草は、女優復帰を希望に治療に専念する

がんを公表した八千草は、女優復帰を希望に治療に専念する【拡大】

 テレビ朝日系「やすらぎの刻(とき)~道」(4月スタート)を体調不良で降板した女優、八千草薫(88)が9日、所属事務所の公式サイトでがん闘病中であることを公表した。一昨年末にすい臓がんが判明し、昨年1月に手術を受けたが、今年に入って転移した肝臓がんが見つかった。治療専念のため近く入院する八千草は「より一層楽しんでいただける作品に参加できるように帰って参ります」と復帰を誓った。

 長年、第一線を走り続けてきた八千草が、人知れず大病と闘っていた。

 出演予定だったテレビ朝日系「やすらぎの刻(とき)~道」を体調不良で降板することを発表してから一夜明けたこの日、八千草は所属事務所の公式サイトに署名入りの文書を掲載。一昨年末にすい臓がんになり、今年に入って肝臓にもがんが見つかったとし、「治療に専念することと致しました」と報告した。

 関係者によると、八千草はこれまで大病をしたことはなかったが、一昨年末に人間ドックですい臓がんがみつかり、翌年1月にすい臓を全摘出する手術を受けた。その後、2カ月間療養し、同3月からドラマの撮影で仕事復帰。抗がん剤治療を受けながら、8、9月には主演舞台「黄昏」も成功させるなど精力的に活動してきた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 八千草薫、がん治療に専念…昨年1月すい臓がん手術も肝臓に転移